お知らせ-お知らせ・錦房活動・学会案内・推薦図書-

HOME > お知らせ > 記事

環境生理学について

September 7, 2018

統合医療とは、患者中心の個別的医療であり、全人的医療である。また、疾病の治療のみならず、予防、健康維持なども目指す。そのためには近代西洋医学のみならず、伝統医学、相補代替医療を含むあらゆる療法を統合して利用するという。ここでの目線は、個人としてのヒトに主に注がれている。

一方、ヒトは宇宙船地球号にのった乗組員である。そこで80億人が生活している。そのキャビンが快適に保たれなければ、乗組員の健康も保証はされない。大阪大学で、衛生学教室が環境医学教室に変わってからもかなりの時がたつ。これからの医療には、地球号の健康管理も喫緊の課題となる。言い換えると、地球医学とヒトの医学の統合医療がもう一つの統合といえようか! 

環境生理学を企画する。この辺について一端の視座を提供できると幸いである。

Please reload

お知らせメニュー

Please reload

最新情報

Please reload

過去お知らせ

Please reload

新しい医療の創生・創発に向けて

-書籍企画・出版-

神奈川県横浜市戸塚区矢部町1865−8

Copyright(c) 2016 kinfusa All Rights Reserved.