お知らせ-お知らせ・錦房活動・学会案内・推薦図書-

HOME > お知らせ > 記事

いのちについて

January 26, 2017

宮崎で高病原性鳥インフルエンザウイルス陽性が確認され、養鶏場の鶏約16万8400羽が殺処分の記事が出た。同時に、テレビでは相模原障害施設津久井やまゆり園の悲惨な殺傷事件に関するニュースが流れた。『医学・医療原論―いのち学&セルフケア』で著者は、いのちを地のいのちと図のいのちとに分け、地のいのちと図のいのちの関係を映画のスクリーン(地)と映像(図)に例えている。映画には様々な人生模様(図)が映し出される。しかし、どんな素晴らしい映像もスクリーン(地)の支えを抜きには存在しない。

このふたつのニュースには、現代に共通した“地のいのち”の視点の欠落が内在するといえるかもしれない。

Please reload

お知らせメニュー

Please reload

最新情報

Please reload

過去お知らせ

Please reload

新しい医療の創生・創発に向けて

-書籍企画・出版-

神奈川県横浜市戸塚区矢部町1865−8

Copyright(c) 2016 kinfusa All Rights Reserved.